振袖をレンタルするタイミング

成人式振袖レンタルや卒業式スタイルとして人気の振袖ですが、今はネットレンタルで一式揃えることができます。そのため、日にちが近付くまで予約をしない方が多くいますが、実は予約のタイミングは重要です。なぜならネットレンタルの普及により、多くの方が利用するので直前になるとお目当の振袖がすでに予約されている場合もあるのです。特に1月から3月にかけては需要が多いので、予約しにくい状態になっています。

そのため、式当日に振袖を着ることを決めているのであれば、1ヶ月以上も前から予約しておくことをおすすめします。また、それ以外に結婚式やパーティーなどで着る機会もありますが、1月から3月の時期以外であれば需要はあまりないので、直近でも好みの振袖をレンタルしやすくなっています。そのような場合は1週間前くらいに予約をしても大丈夫です。

このように振袖レンタルは便利ですが、いつ着るかによって予約するタイミングが重要です。1月から3月の間は成人式、卒業式と着る機会が多いため、予約件数が多くなり、直近でレンタルしようとすると好みの振袖をレンタルできない場合があります。そのため、この時期に借りるのであれば余裕を持って早めに予約する必要があります。それ以外の時期であれば、直前に確認しても簡単に予約することができます。

レンタルできる振袖のサイズの測り方

着物は、洋服のような細かいサイズが設定されているわけではなく、ある程度のサイズを一着でカバーすることができます。そのために、振袖レンタルを利用する場合にはとくにサイズは気にしていないという人もいるかもしれません。フリーサイズとして用意されていることもありますが、サイズバリエーションがある場合には自分のサイズを計測して事前に把握しておく必要があります。
振袖のサイズ選びで計測しておきたい部位は、裄丈と袖丈、身丈とヒップ寸法になります。
袖丈は、肩先の骨が出ている部分から手首までの寸法になりますが、これに首の後ろの骨が出ている部分から肩先の骨が出ている部分までの距離を足したものが裄丈となります。身丈の場合には、首の後ろの骨が出ている部分から垂直に測って足のくるぶしまでの長さになります。胴囲を計測する際には、最も寸法が出ているヒップで計測するのが一般的ですが、ヒップ寸法よりもバストやウエストが出ているのであれば、そちらを優先にして計測する必要があります。
レンタルで用意されている着物は、一般的な体型の人に合わせたものが大半になります。背が高い人や腕が長い人、ふくよかな人であれば、早めに探し始める必要があります。

振袖がレンタル出来る年齢とは?

振袖は日本の伝統的な衣装であり、現代では若い女性に多く着用されています。振袖は女性がまだ幼い頃に参加する七五三から卒業式、結婚式など様々な場面で着ることができます。しかし、多くの物は値段が高く、いいものだと数十万から百万、それ以上の価格になるものもあります。ご家庭で購入できればそれでいいかもしれませんが、数年に一回くらいしか使われない場合が多いので、安く貸出できる振袖を多くの人がレンタルしています。
基本的に振袖をレンタルするときは年齢は問われません。一般的に七五三に参加する子供や、式典に参加する高校生以下の学生は両親がレンタルしてくれるので、貸出するニーズがあるのは大学生になってからです。レンタルする時はお店に行ってもいいですが、インターネット上で手続きを済ませる人が最近多いです。インターネット上ではクレジットカード決済か現金での支払いができます。大学生以上の人はクレジットカードを作れるので年齢を気にすることもあまりありませんし、高校生以下だとしてもレンタルしたかったら現金でも支払うことができますので、年齢は関係ありません。ただしその場合は結構な金額をお札で支払うことになるだけですが。

個性的な振袖のレンタル方法

洋服を着て生活する人が大部分となっている現在の日本においては、和服を着ているとよく目立ちますし、またいつもとは違った雰囲気が出せることにより、魅力的だと感じてもらえることも少なくないでしょう。着物には種類がたくさんある中でも、艶やかなのでそのような着物の特徴が強く出る振袖は、成人式や結婚式といった記念となるイベントの際に、着たいと思う人の多い着物となっています。
ただ振袖は基本的に価格が高いですし、上手に保管しておくことは容易とは言えないものなので、イベントに着て行きたいと思う人の多い若い世代の人たちの中には、着物レンタルのサービスを利用するという人が大勢います。
そういった若い人たちには、他人よりも目立ちたいとか、他人とは異なる自分の個性をファッションで表現したいと思う人が少なくないので、着物レンタルにおいてもオーソドックスな振袖ではなく、面白みのある個性的な振袖を望む人もいるでしょう。
個性的な振袖をレンタルしたいのであれば、インターネットで色々なレンタル店のホームページを探して、まずは品ぞろえが豊富そうなお店を見つけ、そこで自分好みの個性的な振袖はないかを見てみると良いでしょう。また「個性的な振袖」でネット検索をかけて、ヒットしたレンタル店のホームページから当たってみるという方法もオススメです。

振袖をレンタルで借りれる期間

昔は日本人女性の多くが和服を着て生活していましたが、現在ではそういった人はとても少なくなりました。ただ和服の需要が亡くなったのかというとそうでもなく、成人式や結婚式といった特別なイベントの際に、振袖などの和服を着たいという人は大勢います。
ただそういった限られた時だけに着るのであれば、振袖を購入して手元に置いておくというのはもったいないと言えます。購入費用はかなり高いですし、またせっかく高いお金を出して買った振袖を駄目にしてしまわないように、保管の場所や方法に気を付けるというのも面倒が伴うでしよう。そこで近年大きな注目を受けている人気のサービスが、振袖を始めとする着物のレンタルです。
振袖のレンタルサービスを利用したいと考えた際に気になるのが、そのレンタル期間はどのくらいなのかという点です。レンタルした当日か次の日に返さないといけないとなると、成人式や結婚式の当日の朝といった忙しい時に借りる必要が生じて、サービスが利用しにくくなるからです。
しかしその点については、余裕を持って利用できる場合が多いので安心だと言えるでしょう。もちろん業者によって差はあるでしょうし、色々なコースの中から選べるという場合もあるでしょうが、一般的には三泊四日、もしくは四泊五日という長めの期間を設定している業者が多いからです。

振袖をレンタルする方法

最近は成人式の振袖を買わずにレンタルするご家庭も増えています。
でも着物のレンタルってどうすればいいのか分からない、そんな人も多いのではないでしょうか?
まず振袖をレンタルする方法は、ネットと直接店舗で、の二種類があります。
ここでは、ネットで振袖をレンタルする方法をご紹介します。
まず、ネットを利用するメリットとしては、スマホで画像を見せたら、家族や学校の友達などいろんな人の意見を聞きながら選ぶことができるということ。ネットレンタルは、見本画像が揃っているので、振袖だけでなく、帯や小物など自分に合ったものをイメージしやすいのです。
どの振袖にするかが決まったら、申込みフォームに必要事項を記入し注文します。その後お支払いを済ませてから商品が到着となります。届けてもらう場所は自宅に限らないので、例えば友人の結婚式で着たい場合は式場に届けてもらって、そこで着付けをすれば荷物が少なくて済みます。成人式の場合は、ご家族で記念撮影したい、などの希望もあるでしょうから、長めの期間でレンタルするとよいでしょう。返却するときもクリーニングしないでそのまま返却できるので、手間がかかりません。万が一汚してしまったときもクリーニングの必要はないのです。